星の音楽教室のブログ

バイオリンやピアノレッスンの事など。

発表会の在り方について

皆さん、こん○○は。星の音楽教室、講師の星野義浩です。いつもブログをご覧頂き有難う御座います!

 

私が子供の頃、発表会は一大イベントで、年1回好きな曲、カッコいい曲を弾ける日でした。

練習曲ばかりな日々に、ふとロマン派などのカッコイイ曲や大人っぽい曲が弾けるとあって、とても楽しみにしておりました。

 

私にとって発表会とは、そんな印象の物であり、

講師になってからも、いつもより長い曲、少し背伸びをした選曲…

といった具合に捉えておりました。

当然それで上手く行く生徒もいれば、間に合わなくて大変な生徒もおりました。

発表会までに間に合わない!ともなれば、こちらも力が入りますし、怒る事もあります。

勿論それで飛躍出来る事も多々あったので、それ自体が悪いとは思いません。

ただ、そうやって必死に仕上げていく中で、

 

『一体何の為に発表会をやっているんだろう??』

 

と言う、素朴な疑問が上がってきました。

勿論、日頃弾かないような作品にトライしたり、

長い曲にチャレンジしたり、短期間で曲を仕上げる経験をしたりなどと、色々あるとは思います。

その考えは人によってまちまちであり、発表会とはこう言うものだ!と明確に決め付ける事は出来ません。

しかし、当教室としての発表会の捉え方を、主宰である私が明確にしておく事は必要だと思い、

ここに明記したいと思います。

 

当教室としての発表会の在り方は、

 

『1年間の練習の成果、上達振りを披露する場であり、講師、生徒両者がそれを再確認する為の物』

 

としております。

詳しく説明しますと、まず練習の成果、上達を披露する目的ですが、

誰に?何の為に?と言う事になりますが、それは親であったり、友人、恋人とそれぞれですが、

勿論、本人、先生もそこに含まれます。

日々の練習の成果を、誰かに見てもらうと言うのは大切な事で、承認欲求の1つです。

 

先生と生徒の再確認の意味ですが、これは披露する事の延長ですが、

披露される側(観客側)はそれだけで終わりですが、

披露した側(先生と生徒側)はそれだけで終わりではありません。

これまで指導してきた事が正しかったのかどうか?または何が足りなかったのか?

どんな練習が良くて、どんな練習が足りなかったのか?

それをお互いが確認し合う意味があります。

そしてそれをまた来年に繋げていかなくてはいけません。

やったらやりっぱなし!ではなくて、最終的に出た結果を踏まえ、今後に活かして行かなくてはいけません。

これが当教室での発表会の在り方です。

決して背伸びをさせる為でも、好きな曲が弾ける場でもありません。

 

数年前より【レパートリーリスト】と言うのを各自作成させております。

これはこの一年、何を弾いたかが一目で分かるように記録としてつけております。

普段から発表会の候補になるような作品を取り上げるようにし、

この中から選曲をするようにしております。

発表会の為に何かを準備するのではなく、

この一年で学んだ物から選曲をする事で、この一年の練習の結果として披露出来るからです。

また、既にレッスンで弾いているので、仕上がり具合が想像出来ます。

これが発表会の為に新しい曲にチャレンジするとなると、

やってみたら意外につまらない、なんか様にならない、この曲向いていないかも?なんて事もあります。

当然、期限までに仕上がらないと言う、ある意味博打の様な危険もあります。

しかし、レパートリーリストから選んだ場合、

仕上がりは予想が付きます。

「あの曲、意外に難しかったなぁ」とか、「これ結構演奏効果が高いかも!」とか判断がつき易いです。

そして何より一度弾いているので、弾けないとか、間に合わないって事はほぼありません。

この様にしてからは、発表会前に物凄く慌てる事も、発表会は大変だから出たく無い!みたいな事も少なくなりました。

 

「じゃあ好きな曲は弾かせて貰えないのか?」

と言う疑問が起きますが、そんな事もありません。

ある程度のレベルになれば、レッスン曲を生徒に選ばせる事もしていますので、

弾きたい曲や好きな曲がレパートリーリストに入っている事も多いですし、

発表会でやりたい曲があれば、かなり早い段階でレッスンで取り上げたりしております。

先に言った様に、発表会で弾きたい曲!と意気揚々にトライしても、その人に合わない曲もありますし、

弾いてみたら難しくて無理だったって事もあります。

なので、軌道修正が出来る様に、かなり早い段階でレッスンをしておいて、

その後、他の曲を数曲レッスンしてから、再度発表会前に弾き込む事をしております。

そうする事で曲の変更も可能になりますし、代わりの曲のストックもある状態になります。

そうやって数あるレパートリーの中から自分で選択したり、一度弾いた曲を再度弾き込むと言う事も学んで欲しいと考えております。

 

とは言え、当然例外はあります。(笑)

初心者などでレパートリーが無い場合、発表会の為に曲を準備せざるを得ない場合もありますし、

今やってる曲をそのまま発表会に出そう!なんて事もあります。

まあ、全てが理想通りには行きませんよね。(笑)